塗り・仕上げの覚え書き

趣味絵でキャラの塗りをリッチにかつ効率的に仕上げる方法をざっくりまとめました↓

【Before】
【After】

1.1レイヤーですべてのパーツをまとめて塗る

髪や肌など一つ一つのパーツに影を置いて…というやり方でももちろんOKですが時間がかかってしまうので、各パーツを塗るまえにあらかじめ1レイヤーで塗ったほうが時短になると思います。
やり方は以下のような感じです。

  1. 各パーツの下塗りが終わった後、塗りのレイヤーをフォルダでまとめ、
    その上に新規レイヤーを作成して塗りフォルダにクリッピング
  2. 上記で作成したレイヤーに影を塗っていく
    →はじめは大まかに塗っていき、徐々に細部を詰めていくイメージで
  3. ある程度影の形状が出来上がってきたら影のレイヤーを複製し、各パーツの下塗りにクリッピング
  4. それぞれの下塗りの色に合うよう各影の色を変更
  5. 細かい部分を調整

右図はキャラ全体の影を塗ったときのイメージです。
※影が見やすいよう、下塗りを白で塗りつぶしています。

アニメ塗り(影にむらがなく輪郭がはっきりとした影)でなければ、水彩筆などを使用して不透明度によって色の濃淡を表現していきます。

顎のあたりなど粗が目立ちますが、上記手法の3の工程のように各パーツにクリッピングした後に調整すればOKです。

整えた後の影はこんな感じ↓ だいぶ変わってますね(汗)
また、影の色を変更したあとに「単色の影のみだと物足りないな~」という場合はより濃い色を使って影を加筆していきます。

影色を調整する前
下塗りの色を戻して影色を調整した後

2.ハイライト・反射光を塗る

次に、ハイライトと反射光を塗っていきます。
このイラストではマット寄りな質感に仕上げたいと思っていたので、金属以外のハイライトは控えめな明度にしてあります。

ハイライト・反射光をそれぞれ塗った箇所
ハイライト・反射光を塗った後

これで塗りの作業は完了です。

ちなみに、今回は厚塗りっぽく仕上げたので
下塗り1レイヤーあたりにクリッピングさせているレイヤーは1~4枚程度です。
加筆して細かいところまで詰めていく場合はさらにレイヤーが必要になるかと思いますが、まあ趣味絵だからいいや()

次ページは仕上げ工程のまとめです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました